HOMEお茶の知識 › おいしいお茶をいただくには

お茶の知識

おいしいお茶をいただくには

これを見て、おいしいお茶を飲んでいただければ幸いと思います。
自分流の茶葉の量・お湯の温度を発見して、おいしいお茶ライフしましょう!

【抹茶:淹れ方のポイント】

お湯の温度: 80度位が適温。茶せんで素早く、キメ細かな泡を立てるのがコツです。お茶を使用前に茶こしなどで篩いにかけておくと、ダマができにくく、お茶を点てやすくなります。
茶葉の量: お茶は、60~70ml(ひしゃくに軽く1杯程度・2~3口で飲める程度)に、1.5~2g程度(茶杓に山盛り2杯程度)。よく大きめの茶碗を用いられるため、お湯の量はしっかり確認してください。
  1. お茶碗にお湯を入れ、温めます。
    温めたらお湯を捨てます。
  2. お茶碗の水滴をふき取り、お茶を茶杓で山盛り2杯程度入れ、適温のお湯を茶碗に注ぎ入れます。
  3. 手首をきかせ茶せんを前後に動かし、キメの細かな泡が立つように攪拌します。最後に、「の」に字を書く様にしながら、茶せんを上げます。
【玉露:淹れ方のポイント】

お湯の温度: 良い茶葉ほど60~70度の低い温度で淹れる。
玉露特有の旨み・甘みを引き出すことができます。
茶葉の量: 茶葉は40mlのお湯に対し5~6g程度。
少量のお茶を少しずつ飲み楽しむためのお茶です。
  1. 湯冷ましを使用し、沸騰したお湯を冷まします。
    同時に、急須・湯のみにもお湯を入れ温めます。
  2. 急須と湯飲みが温まったら、湯を捨てます。
    急須に計量された茶葉を入れ、50~70度になった湯冷ましのお湯を入れます。
  3. 急須に蓋をし、約2分程度蒸します。
    湯のみに回しいれます。
    最後の一滴まで注ぎきります。
【煎茶:淹れ方のポイント】

お湯の温度: 良い茶葉は70~80度の低めの温度で。良い煎茶は旨み・甘みを引き出すために、低めの温度が良いとされ、普通の煎茶では高めの温度がおいしいと感じることもあります。
茶葉の量: 茶葉は60mlのお湯に対し2~3g程度。最も多く楽しまれているが煎茶なので、わたし好みの飲み方を見つけ、毎日楽しんでいただきたいと思います。
  1. 沸騰したお湯を、急須・湯のみに入れ茶器を温めます。
    温めたら、急須のお湯は捨てます。
  2. 急須に計量された茶葉を入れ、湯飲みのお湯を入れます。
    約1分程蒸します。
  3. 温めた湯飲みに、お茶を回し注ぎます。
    急須を上下に軽く振って最後の一滴まで注ぎきります。

株式会社南山園オンラインショップ

直営店「茶々屋」

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは
TEL 0566-99-0128

「西尾の抹茶」は地域ブランドに認定されています。
「西尾の抹茶」は地域ブランドに認定されています。